【未経験からのエンジニア転職】年収は思ってるよりも低い

女性エンジニア

IT業界で未経験からエンジニア転職を目指している方にとって重要なポイントの1つに「年収」が該当するのではないでしょうか。

エンジニアのメリットとして年収が高いことがよく紹介されており、実際全職種の平均年収よりも高いデータがあります。

エンジニアを目指す方のなかには、年収が高いからという理由でITエンジニアを目指そうと思った方もいるかもしれません。

参考:エンジニアの年収は本当に高いのか?

しかし、エンジニアの年収は高いとは聞くが、転職当初からホントに高いのか?
といった疑問をもっていませんか。

頑張って転職したのに、思っていた額の給料をもらえない。

なんてことになったらやっぱりエンジニアになるんじゃなかったと思ってしまうかもしれません。


この記事では、

  1. 未経験エンジニアの転職時の年収
  2. 年収をアップさせる方法
  3. 最初の企業選びのポイント

が分かります。

未経験からエンジニア転職を目指していて、転職時の年収や年収アップの方法を知りたい方は読み進めてください。

未経験からのエンジニア転職時の年収は300万程度

未経験でエンジニア転職しようと思っている方に知っていて欲しい事実があります。

未経験でエンジニア転職した際、1年目の年収は300万円程度です。

参考:リクルートエージェント ITエンジニアの年収と採用動向
   for GEEK プログラマーの給料はいくらくらい?未経験からプログラマーになった場合のリアルなお給料も解説

ここでいうエンジニア転職というのは、プログラマーとして転職した場合です。

将来的にSE(システムエンジニア)を目指す人の多くは、プログラマーからキャリアをスタートさせます。

年収300万程度というと、20代全体の平均年収を少し下回るくらいです。


年代別平均年収

年代全体男性女性
20代348万円371万円321万円
30代444万円484万円377万円
40代510万円573万円403万円
50代以上613万円661万円431万円

参考:doda 平均年収ランキング(年代別・年齢別の年収情報) 【最新版】

暮らしていけないレベルではありませんが、高収入を夢見てIT業界に参入してきた方からすると、低いと思ってしまう年収です。

前職の経験を評価してくれるような企業や年齢が収入と比例するような企業だともう少し高い年収を期待できるかもしれません。

しかし、多くの場合転職後1年~3年くらいは年収300万円代になります。

IT技術者の収入は、経験や立場によって上昇します。

最初の数年は、修業期間として働く覚悟が必要です。

転職後、経験を積むだけでは大幅な収入アップはない

経験を積むだけでは大幅な収入アップはない

「ITエンジニアは経験やスキルを積むと年収があがる」

というようなことは聞いたことがあると思います。

ですが、その言葉をそのまま受けて、就職したあと地道にちょっとずつ仕事し年数が経てば収入が勝手にアップすると思ってはいけません。

カイ
カイ

なんとなく頑張るだけじゃ年収はほとんどあがりません。
会社の評価制度は結構シビア。
・キャリアアップを狙う
・転職する
・仕事以外でスキルアップする
・上司に自分の実力をアピールする
など
主体的に動く必要があります。

未経験で転職したエンジニアの年収は、基本的には経験を積むごとに上がります。

しかし、ずっと一般的なプログラマーをしていても給料はあがりません。

年収をあげるにはSE(システムエンジニア)になるなり、エキスパートになるなりワンランク上を目指す必要があります。


注意なのは、最初に入った会社にずっといても大幅な年収アップには繋がらないことです。

企業ごとに給与レートは決まっています。

最初の基本給が低い場合キャリアアップをしても年収が大幅にあがることは稀です。

年収アップを狙うなら転職

同じ企業で働いていても、役職給がついたりするだけで大幅な年収アップはほぼありません。

大幅な収入アップを狙うなら「転職」が必須になります。


IT業界にとって3年以上プログラマーやエンジニアとして働いてきた人材はとても貴重です。

未経験で転職したときよりも、より好条件で就職することができます。

未経験から雇ってもらった企業には申し訳ない気持ちになるかもしれませんが、企業はあなたを守ってはくれないしあなたの収入を上げてくれるわけでもありません。

待遇も未経験から就職した企業よりもエンジニア転職をしたときの方がいいです。

特にIT業界はスキルを持つ人材の転職が活発です。

あなたに技術者としてのスキルがついたら転職を考えましょう。

最初の企業選び 3つのポイント

  1. 3年は続けられそうなこと
  2. 成長できる環境があること
  3. プログラミングが学べること

説明していきます。

3年は続けられそうなこと

「3年は続けられそうなこと」としていますが、3年はまず同じ会社で働きましょうと言っているわけではありません。

入ってみたらブラック企業で続けるのがしんどいとかよくあることなので、こういう場合辞めることは自分を守ることにつながります。

ここでは、あくまで企業調査や面接などを通して最低3年は続けられそうな雰囲気なのかどうかを直感でもなんでもいいので感じ取っておくことです。

なぜなら、次にエンジニア転職を行う際に1年や2年といった短い経験年数では、転職時にそこまで有利に働かないからです。

そんなの折角、プログラミングスクールや独学で勉強してきたのにもったいないですよね。

なので、なんとなくやカンでもいいのでこの企業なら3年は働けそうだなと思えるところにしましょう。

成長できる環境があること

例えば長時間労働が常の環境の場合、新たな知識や技術を学ぶ時間がなく仕事に追われる毎日になります。

雑用ばかりを頼まれて技術的な仕事をさせてもらえない環境だと仕事を通して技術力をアップできません。

転職後1年も持たずに辞めてしまう人は、働く環境が良くなかったことが原因である場合が多いです。

プライベートな時間を確保でき、技術力を鍛える仕事ができる企業を選択しましょう。

OJT(先輩について学ぶ)制度があったり、転職者のフォロー体制がある会社であると更にいいですね。

プログラミングが学べること

まず、プログラマーがすべきことはプログラムを組むことです。

プログラムを組むにはプログラミングをさせてもらえないと意味がありません。

ですが、プログラマーとして入ったのにお客様対応のコールセンターやテスターのようにプログラミングをさせてもらえない場合もあります。

前提条件として、プログラミングをさえてもらえる企業を選びましょう。

未経験からエンジニア転職をするなら最初の数年は下積み期間と考えよう

未経験でエンジニア転職した場合の転職時の年収は、300万円程度と決して高くはありません。

なぜなら、エンジニアは経験を積んでこそ年収アップが望める職業であり、未経験ではエンジニアとしての価値はほとんどないからです。

年収を上げるには、最低限数年の経験が必要になります。

最初の企業では、年収ではなく自分自身がIT技術者として成長できる環境かどうかを見極めて就職しなければなりません。

そして、そのまま同じ会社にいても給料レートはそう変わらないので、経験がついたら転職して収入アップを目指しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました